スポンサーリンク
スポンサーリンク

【佐賀】「よみがえる邪馬台国」 豊前・宇佐地域の出土品を紹介する企画展 [樽悶★]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 :樽悶 ★:2020/10/30(金) 12:50:17.78 ID:ZkMkQOwN9.net 弥生時代、交通の要衝だったと考えられている豊前・「宇佐(うさ)」地域の出土品を紹介する企画展が、吉野ヶ里歴史公園で開かれています。

企画展は、魏志倭人伝に記され、弥生時代、各地に存在したと考えられている「クニ」の姿を紹介し、邪馬台国や吉野ヶ里遺跡を知ってもらおうとシリーズで開かれています。

今回は、弥生時代に陸上・海上の交通の要衝だったと考えられている、現在の福岡県行橋市や大分県宇佐市周辺、豊前・「宇佐(うさ)」地域の遺跡の出土品を紹介しています。

宇佐市で出土した銅矛は、ほぼ同じ形のものが島根県でも見つかっていて、九州から豊前地域を通して運ばれたと考えられています。

また、朝鮮半島との交流を示す銅鐸などもあり、この地域が物流の重要な拠点なっていたことがうかがえます。企画展は、11月8日まで、吉野ヶ里歴史公園で開かれています。

10/26(月) 12:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201026-00000002-sagatv-l41


732 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 21:00:01.29 ID:jcZn0KHs0.net

>>728
魏志韓伝に痕跡もなく、魏志倭人伝の邪馬臺国の直前に書かれてる投馬国が韓国かもと考えた理由は?

魏志韓伝に馬韓弁韓辰韓の国数も戸数も記載されてるが、「投馬国」と一国で記載されてる投馬国五万戸が韓国内かも、と考えられる理由は?
投馬国と馬韓弁韓辰韓との関係は?

486 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 08:09:35.68 ID:iSqjWXMH0.net

九州なんか昔から辺境僻地だろ
施政の及ばない異民族のテリトリーと隣接している地域なんだし
支那人が聞いたのはシャーマンが統治する部落の話だよ

358 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 23:44:53.20 ID:GzVC6SPM0.net

「卑弥呼連邦樹立」邪馬台国は筑豊にあった?古代史ロマンで地域振興
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/660288/
この古墳説に地元の文化財担当者は厳しい見方を示すが、「細かいことは言わないで。古代史はロマンですから」と関係者。

糞ワロタwwwwww
さすが九州説
史実とかどうでもいいと白状してるのと一緒

675 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 17:23:21.82 ID:GeOMUqAa0.net

纏向遺跡でほとんど木製、
土木工事跡。ほとんど現地調達。
東海・吉備、環濠集落から人を集める。
東海・吉備系の土器が多く出る理由。
古墳時代到来と同じく環濠集落が消える。淡路の鍛錬所、原料入ってこない。

525 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 10:37:13.65 ID:gnG7np3F0.net

邪馬台国なんて最近の話どうでもいいわ、、3万年前の遺跡とか発掘されてる世界最古の日本からすれば

790 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/04(水) 00:43:39.80 ID:4V1j0EEn0.net

>>785
なるほど魏よりもでかいは言い過ぎたわ
中華全体が万里なら半島は魏と同じくらいか


469 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 07:00:25.16 ID:IT0K0nwF0.net

>>466
邪馬台を神器や玉璽の名詞と仮定するのは、邪馬国があるから無理。

そもそも語源の根拠くらい書いてよ

255 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 17:11:09.24 ID:ds6soRTs0.net

>>224
或絶或連 とあるのだから連なっていたり離れていたりするだろね
海を渡って千里なら絶でいいのでは

810 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/04(水) 04:16:13.43 ID:+0KXsv5w0.net

宇佐神宮の祖宮の奥宮である八面山に卑弥呼の磐座がある

549 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 11:53:01.51 ID:R/8YN1+00.net

>>542
雄略が武なんて漢風の名前を名乗った記録ないな。

494 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 08:40:07.47 ID:0UiYmovq0.net

>>490
日本書記には『一書(あるふみ)』って形で少し書かれてるけどね。でも記紀は基本、
天皇家に都合のいい神話みたいなものだからな。日本書記は少しマシなんだろうけど。

311 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 21:01:17.00 ID:840UQWsS0.net

(其の9)邪馬台国佐賀ルート
不彌国の「彌」には、あまねく広く行き渡る、という意味がある。
推定だが、古代この一帯は、九州島の東西南北交通の基幹十字路であったのではないか。
では、なぜこの筑後川べりの地が、北は博多、東は朝倉・浮羽・大分、西は佐賀・伊万里。長崎、南はみやま・山鹿・熊本・薩摩等への十字路たり得たのか、
この問題を解くには、当時この地域の地理的・地誌的状況を推察し、頭のファイルにしっかり入れておく必要がある。 ・・・続きはまた明日

786 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/04(水) 00:15:28.64 ID:OMCjfQsA0.net

>>784
ん?朝鮮南部に拠点があって度々隣接国を支配下に置いてたのは事実だからな。

223 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 14:28:15.65 ID:xQkeODR90.net

>>221
九州説は単なる語呂合わせ、駄洒落レベルwww

207 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:26:15.87 ID:840UQWsS0.net

>>205
>何で邪馬台国って付けないと見に来ないんだろうなぁ

その後に「金印貰った女王・・」と続くから、金と女に男どもが目の色を変えて集まるのだ。
ヤマタイ国とハゲ山だけでは人は呼べぬ。

250 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 16:17:55.70 ID:VJ3iE06v0.net

卑弥呼が暮らしていた宮殿の周りには楼観があって村の周りは城柵で囲まれていたと倭人伝には書かれているが巻向遺跡には楼観跡や城柵を設けられた形跡がない 吉野ヶ里古墳や平塚川添君には痕跡がある

796 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/04(水) 01:22:38.46 ID:BEHn3XLN0.net

>>795
倭は周旋5000里
方四千里との比較は難しいが、戸数を基準にすれば、韓より確実に大きい

109 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 18:40:27.95 ID:8TDnxfoD0.net

(其の3)邪馬台国佐賀ルート 
この「伊都国」と考えられる川上の大明神から東南の方角100里、つまり7ほどのところには佐賀市街(佐賀城・佐賀県庁等)が見える。
ここを「奴国」と呼んだのであろう。
倭人伝では東南至る100里とだけ書かれ、移動を示す動詞がないので、「東南の方向に奴国が見えま〜す」というバスガイド風の書き方だな。
つまり伊都国(川上大願寺)から奴国へは移動せず、その場にとどまったままの状態だ。

563 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 12:21:54.33 ID:imyA/+gT0.net

>>556
書いてある内容が検証に値するかどうかの差だよ
魏志倭人伝は単純な道中記で内容に具体性があるから実際にあった話である可能性が高い
記紀は記紀が実際に書かれた時代に近ければ近いほど歴史書として多少の意味は持つ
ただ上でも書いたけど文字すらない、300年前の昔の話をまともに記録できるはずがない
実際書いてある内容はヤマタノオロチとか八咫烏とか天照大神とかファンタジー色が強い
記紀を参考にするのは未来の人間がロードス島戦記を読んで「ロードス島にはエルフやドラゴンが実在したんだ!」とかいうレベル
話にならない

727 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 20:44:29.61 ID:95+RQKBD0.net

>>675
生駒金剛山系や六甲山系の花崗岩=御影石の成分「雲母=きらら」から
酸性雨に溶けてベンガラと言う名の褐鉄鉱という鉄鉱石原料
及び出雲吉備ルートの朝鮮の鉄の破片がある。

161 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 23:44:43.36 ID:J4H9cmHJ0.net

真理を愛する若い全国の学生諸君に訴える。
骸骨がネクタイを締め、背広を着て、教壇に立ち、
骸骨万葉学の講義を行い、学生諸君を骸骨化
しようとしている。

原田大六 『万葉革命』 序文

昭和にはこういう気骨のある天才考古学者がおられた
何人かでもその意思を継いでいる学者が居ることを願うのみ

489 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 08:15:57.82 ID:67fV2jZK0.net

磐井の石像とか畿内の人たちと宗教・美意識が違うなって思うね
ああいう石像作る人たちは顔面に入墨してそうだよね

398 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 02:41:11.56 ID:RKGQxH7I0.net

>>390
あのーー

「一大国」と書かれている『魏志』(倭人伝を含む)は
台与につづき五王が、まだ朝貢している280年から297年の間に、西晋(265年 - 316年)が書いたもので

「一支国」と書かれている『梁書』『隋書』は、それから400年後の唐(618年 - 907年)が書いたものだけど?

859 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/04(水) 11:22:41.55 ID:XPsmvMS90.net

結局だ

>>849 >>858 と素直な解釈をする、多くの畿内説考古学者に対して

民間の自称研究者が、屁理屈を捏ね繰り廻して主張しているのが九州説なのよ

98 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 17:48:23.32 ID:8TDnxfoD0.net

(其の2)
古代唐津港の中原遺跡から、松浦川を上流へ向かい、小さな峠を越えて300里で佐賀平野の入り口の多久市に出る。
ここで東に折れ、小城市を経て200里、合計500里(37.5)で伊都国に到る。

この伊都国の最有力候補地は、佐賀市山寄りの大和町の長崎自動車道北側・川上大願寺地区だ、
古代、ここには熊襲タケルの屋敷があったといい、その北の山中にはタケルの菩提寺もある。
今ここには古〜い太神宮(五社大明神)が残されており、藤原氏の祖を祀っている。
この大明神の祭神の一人が藤原の祖のタケミカズチノカミなのだが、実は其の父君の名は「伊都之尾羽張」といった。
これが「伊都国」の微かな名残りなのであろう。

797 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/04(水) 01:24:32.71 ID:oyByybTl0.net

>>211ない。

123 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 20:42:56.21 ID:Q0/5oZZ30.net

>>97
北九州にあったとされる国々?
なんの根拠もなく北九州にあったと言ってるだけだぞ?

804 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/04(水) 03:30:06.70 ID:bZZiil3p0.net

仮に
「初めから畿内に邪馬台国があり、そもまま大和朝廷になった」のなら、
こんなに謎だらけになるわけがない
日本書紀にも卑弥呼が出てくるはず。銅鐸の意味が分からなくなるわけもない

理系が邪馬台国やると九州説になるのは、こういう論理がまず浮かぶからだろう

252 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 16:24:13.42 ID:VJ3iE06v0.net

楼観とは物見櫓のことで ここに登って周囲を見回して敵の侵入を発見していた 城柵とは村の周囲に杭を打ち込んで外側に溝を掘って敵の侵入を防いでいた 纏向遺跡からは出土していないが吉野ヶ里遺跡や平塚川添遺跡からは出土している

688 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 17:59:50.24 ID:VlK8gF850.net

>>680
トンカラリン一応研究してるんだ
隋書に記述のある宝石の付いた杖でも見つかれば結構強力な証拠になるんだけどな

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
フォローする
FAV capture

コメント

タイトルとURLをコピーしました