スポンサーリンク
スポンサーリンク

【学校】入学率1%未満?戦前の旧制中学・旧制高校 卒業すれば旧帝大入り、選ばれたスーパーエリート ★3 [樽悶★]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 :樽悶 ★:2020/10/11(日) 22:35:36.42 ID:FAQu9oPu9.net  中学から高校生のころ、作家の北杜夫さんの作品を好んで読んでいた。「楡家の人びと」「幽霊」など純文学の叙情的な文章が、多感な心に染みこんだ。学校の勉強に割くべき時間を北さんの本につぎ込んだ中高時代であった。他の場所でも書いたことがあるが、北さんの名著「どくとるマンボウ青春記」のことを書く。これは1968年に出版された名作で、ぜひ今の若い人にも読んでほしいと切に思う。なぜかというとここに「学校の神髄」が詰まっていると思うからなのだ。

 青春記は、北さんの10代半ばから大学卒業までを描いたユーモラスな自伝だ。中でも旧制松本高校時代の学校生活が秀逸である。世に旧制高校の素晴らしさ、面白さを広めたのは、この青春記といえるだろう。

 旧制高校とは、今の高校とは全く違う存在だ。まず、小学校(6年)の上に、旧制中学校というのが5年制であり、その上に3年制の旧制高校があった。49年の学制改革で、現在の制度になり、旧制は廃止されたが、明治時代から終戦後まで、日本の教育の軸になっていた学校といえる。

 旧制中学もそうだが、高校も厳しい受験競争があった。同世代の1%未満(0・2%というデータもある)しか入れない学校で、入って卒業すれば、選ばない限り旧帝国大学(東京大とか京都大などですね)に、試験はあるがまあ入学できることになっていた。なので、旧制高校は今の大学受験などの比ではなく、まさに激烈な競争を乗り越えて選ばれたスーパーエリートの集団であった。

 1学年200人ほどの男子校。現東京大の一高、京都大の三高といったナンバースクールや松本や新潟といった地名のついたネームスクールが各地に作られていた。受験時から文系と理系を分けた。授業では語学の重視など、特徴的なことはたくさんあるが、それより何より、先生と生徒の触れ合いが濃密であったことが最大の持ち味といえる。

 青春記でも「旧制高校の先生のよい点は、生徒と一緒になって人生を語り、親身になって相談に乗ってくれることであろう」と、北さんは書く。本では、面白くも羨ましい、その先生(旧制高では教授という呼称であった)と生徒のやり取りが描かれている。引用すると膨大な量になるのであえて引かないが、例えば北さんらが学生寮の部屋で、いろりを囲んで教授2人と酒を飲み、何かの話題で意見が交錯、北さんは教授の頭をポカリと殴った、という事件が書かれている。その後、うち一人の教授(有名なドイツ文学の専門家・翻訳家)と仲良くなり、北さんの人生に大きな影響を与えることになるのだ。あるいは、定期試験の話。物理の問題が分からず、答案用紙に長い詩を書いて、合格点(60点)に1点足りない59点をもらうといった、当時のおおらかな様子が描かれる。

 もちろんそんなふざけた場面ばかりではないだろうし、落第もあって、2年連続で落第すると放校といって退学処分になってしまう厳しい学校でもあった。

 旧制高校がエリート集団だったからできたのかもしれない。学力も高く、ぎちぎちと受験に向けた勉強をしなくてもよかったから、教師と生徒の人間的な関係や学校運営のおおらかさが認められたのやもしれぬ。

 今、物理の試験の答案に詩を書いて点をもらったら、大騒ぎになってしまうだろう。教師は懲戒処分かもしれない。酒を飲んで教師を殴れば、立派な傷害事件になって、裁判沙汰になる。

 学校の役割を考える。高校までは受験突破を目指し、しっかり勉強すること。良し。大学に入れば、ちょっと息抜きしてから就職試験突破に向けて、勉強すべし。これもまあ良し。しかし、いったいどこで「人間を作る教育」を施すのか? 教養を持った人をどう育てるのか? 人間の幅を広げるのは学校ではないのか? もちろん学校だけではないが、学校が外れることはありえないと思うのだ。

 青春記を読めば、本来の学校の大事な役割が見えてくる。「今の時代では不可能だ」と諦めるのではなく、良い点を取り込む学制を、新たに編み出すべきではなかろうか。私はそう思うのだ。

毎日新聞 2020年10月7日 11時57分
https://mainichi.jp/articles/20201007/k00/00m/070/082000c?inb=ra


★1:2020/10/10(土) 21:19:09.82
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602375791/

188 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 08:19:11.70 ID:9yDxsrOf0.net

なお陸軍幼年学校の競争率は平均して1000倍だったそうな、合格者千人にひとり
すごいね〜〜いまそんな競争率の学校ってあるかな
学力体力健康適性とそろっていれば、裕福でなくても合格できたせいもあるだろう

46 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/11(日) 23:04:04.19 ID:vS2sH3jn0.net

旧制松山の寮生は、みんなお腹すかせてキャベツを食べてただろ。映画ダウンタウンヒーローズぐらい見ておかないと。

359 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/14(水) 22:37:18.25 ID:gHx8begq0.net

駅弁医学部にだけは絶対行きたくない
マーチに行きたい

81 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/11(日) 23:46:15.01 ID:Axzh07uX0.net

ゆりやんと宮根だったらゆりやんの方が天才つうか

177 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 07:53:09.33 ID:KFY52OAG0.net

>>3
小学生の頃にNHKで「楡家の人々」放送してた
前後関係不明だが火事のシーンをぼんやり覚えてる
絶対面白そうなのになんでリメイクしないんだろう

114 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 00:59:30.16 ID:qxzcULV90.net

>>110
でも格差が広がったせいで戦争が始まったし、
戦後格差が縮んで大学紛争が起きたのもむべなるかな

84 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/11(日) 23:48:34.82 ID:0VYw8UtI0.net

自分は中学は
部活は軟式テニス部に入ったけど
3か月で辞めた
勉強にも専念できず
ぼんやりと過ごしてたら
高校受験は失敗
大学は無試験の所に入学したけど
就職は無い
なんとか工場の準社員に
2回目の試験で合格
あまり頭は良くないな自分は

223 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 14:39:52.19 ID:KG4ju6JC0.net

旧制度の普通科の話だけじゃ飽き足らず
負けた軍隊の学校の話まで持ち出してて
ワロタwwwwwwwwwwwwwww

369 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/14(水) 23:25:23.50 ID:eslOGb1Y0.net

俺は私学の文系学部を卒業したが、本当に大学生活(勉学)は短かった。
本当なら大学学問を究めようとしたら8年は必要と思う。それとも一般教養
期間2年を廃して専門課程の6年制にすれば良いのではと思う。何か中途
半端だった。何か自動車教習所の長期版のような気がした。因みに俺の
専門は交通経済学だった。鉄チャンの俺にはぴったりのゼミだったが・・・

301 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/13(火) 14:00:33.96 ID:mXMTs7cu0.net

学問とは教養を身につけるためにある、と戦前の人は思っていた節がある。一方で実学も重視した。どちらも国にとって大切なことであると。しかし何より大切なのは国民の倫理道徳であるとも。そこで教育勅語を小学生の初等から一生の宝として覚えさせた。無理矢理にそうしたというより自然に空気のように吸い込ませたというべきか。我ガ臣民ヨク忠ニヨク孝ニ、とこれだけで日本国民たるべき者の精神の醸成ができたのである。戦後日本人がカービン銃で脅かされながら脳に叩き込まれたプラグマティズムや唯物史観となんと縁の遠い美しい世界であったことか。
戦争に負けたことは何ら恥ずべきことではない。堂々と負けたのである。胸を張って負けたのである。

107 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 00:31:54.00 ID:QnsJ7dQO0.net

母方の祖父(戦前生まれ)が早稲田大学卒で、その兄弟が東大、京大、九州大と聞いていた
4兄弟はドン百姓の貧乏な家に生まれたが秀才ぞろいだったので
無理して大学に進んだと聞いていたが本当に貧乏な人が進学できたのかな

255 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 18:11:58.15 ID:CtDxW/Mo0.net

>>146
「陸軍士官学校」という昭和12年(1937年)の実写映画の再編集もの(日活映画)の動画があるのを見たのだが、5カ国語の外国人教師の授業風景があったので全部やるのかと思った。そうだろうな、1カ国語の選択だったのか。
しかしこの映画はこのスレに来ている人は是非見た方がいい。戦前の日本人を再評価できるから。戦争に負けたことはちっとも恥ずべきことではない。大事なのはその後の日本だ。いつまで敗戦国やるつもりだ、と言いたい。
>>1は良スレだと思う。共感すること大だ。

201 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 09:16:32.03 ID:2HcKQbW10.net

北杜夫は手塚治虫のマンガが好きだったんだよな

5 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/11(日) 22:37:26.39 ID:HRF7sBWN0.net

上り坂

380 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/15(木) 08:01:20.56 ID:nJeYq4Bb0.net

>>379 をカキコしたが、俺は軍隊兵士の行進中をを赤信号になり警官が
停止するよう求めたが、これに応じず・・・云々だったので調べた。

52 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/11(日) 23:12:35.17 ID:A23nzZkN.net

>>1
これは嘘、なぜなら当時は貧富の差や身分制度もあり、
軍学校(無償)や商業学校、師範学校(無償)にも優秀な人材が進学した、
医専も大学医学部とは別で旧制中学・実業学校卒で受験したから

頭の良い人間がすべて旧制高校への進学を志向したわけではないから
実際の難易度はそれほど高いものではなかった

だいたい旧制中学進学者のほとんどが旧制高校を志望していたわけでもない

163 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 06:50:18.78 ID:9yDxsrOf0.net

>>51
昔は本の奥付に著者の住所が出ているなんかは当たり前だったね
大昔、遠藤周作を駅で見かけたことがあった
狐狸庵先生のイメージとはまったくちがう、長身でどっちかというと痩せがたの
気難しい紳士という印象だった
まあカトリック作家としていろいろなものが内面にあったんだろう
息子さんがフジテレビの重役だっけ

96 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 00:06:08.74 ID:BkEohrR00.net

>>75
劇団ひとりとオードリー若林と千鳥は時代を象徴する天才だと思うわ
霜降り粗品は天下とれる

374 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/15(木) 02:22:32.17 ID:ptlIpazL0.net 308 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/13(火) 14:36:42.20 ID:SDCENu4s0.net

>>268
非モテの不細工らに聞くなよw

357 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/14(水) 19:36:56.60 ID:M4ggm+cZ0.net

>>353
帝大卒の文民エリートが、士官学校卒の制服組をシビリアンコントロールしないといけなかったのだが、
軍人の力が強くなり過ぎた。

が、それには文民エリートの側にも原因があって、平民宰相と言われた原敬だって、他国と比較できない規模でのシベリア出兵とかしてるし、
軍人を出兵させて多額の予算つけた挙句に下士官を戦死させたりすると、軍人会の力が強まってくる。

満州事変や515事件に至るずっと前の段階で、自分は戦場に行かない文民エリートが好戦的過ぎて、
軍人を蔑視して下に見つつ、外地で軍人の力をつけさせてしまった。
その前は、民間右翼による政治家の暗殺など、文民エリートに対して好戦を嗾ける圧力も強かったけどね。

象牙の塔にいる文民エリートの軍人蔑視の風潮が、次第に政党政治の枠外で軍人を増長させて、
最終的にフランケンシュタインにされたんだな。


その上で、軍人が主導権を握って、無謀な対米戦争を始めた。
皮肉な事に、軍の下士官を支える層だった貧農の人達は、
ある意味故意に無謀な対米戦争を仕掛けて、
アメリカに国体をぶっ潰される事で、
他力本願的に農地解放を実現させた。

56 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/11(日) 23:18:40.70 ID:7/hcdIyX0.net

高齢ジジイの話を聞いてみればいい
手に職をつける専門学校と大学の区別がついていない

312 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/13(火) 17:59:01.35 ID:v+9tjjYJ0.net

>>300
彦根高商卒業生は、京都帝国大学に入学資格はなかった。
そのことの意味をよく理解しろよ。

64 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/11(日) 23:25:19.57 ID:CLpItToz0.net

>>38
岡山の?

338 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/14(水) 12:17:51.91 ID:jdJnMHPe0.net

>>324
中学校の附属大学だから

173 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 07:39:43.86 ID:Hiq4sxIN0.net

>>3
楡家は傑作だよね
もう一度読み返したくなって来た

176 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 07:47:57.64 ID:WviTKf5i0.net

>>169建築士も昔の方が取りやすかったらしいよ
いまは資格の学校行かないとムリ

130 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 02:24:55.72 ID:pETZjpH20.net

>>107
大学進学が戦後(特に昭和35年以降)ならあり得る。
戦前ならあり得ない。
あるいは
>ドン百姓の貧乏な家
というのが、「大富豪に比べれば貧乏な地主の家」ぐらいのニュアンスか。

258 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/12(月) 18:29:44.47 ID:pTKeAroJ0.net

>>184
ストーカー規制法は恋愛感情にもとづくストーカーだけを規制している。
集団ストーカーは規制していない。だからマスコミが報道しても逮捕されたりしない。
そして、集団ストーカーは警察が主導している。警察も創価も朝鮮人に牛耳られ、
マスゴミも朝鮮人に牛耳られている。

306 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/13(火) 14:22:27.91 ID:c5YEMpD90.net

折角のみんなの話を曲げるような事を言ってはいけないが、TUBEに
女学生 高峰秀子 教師 葦原邦子 が出てくるS14年の「花つみ
日記」が面白い。 大阪船場の置屋の娘、高峰が玉造のウ井ルミナ
女学校(現大阪女学院)へ通っている。幼くとてもかわいい。戦前の
大阪の街が面白い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
FAV capture

コメント

タイトルとURLをコピーしました