スポンサーリンク
スポンサーリンク

【歴史】農民も昔から名字を持っていた? 名字の8割は「地名」に由来…名字は「地名」「地形」「方位」「職業」「下に藤」でわかる ★4 [樽悶★]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 :樽悶 ★:2020/11/01(日) 23:06:16.56 ID:XRSftOym9.net 「山」「川」「田」「橋」など漢字の意味、そして読み方が重要 江戸時代以前の典型的な里山と村の暮らしを絵地図にした。山、川、池、森林、島、崎などの自然物のほか、井戸、田、橋など人の手で作られた構造物もさまざまな名字になっている((c) KK Bestsellers)


約10万種類以上あるといわれている日本人の名字。

そのほとんどが日本各地の地名、または地形に由来するという。

先祖がどんな場所に暮らしていたのか、名字から探ってみよう。

■農民も昔から名字を持っていた

 日本人が誰でも持っている名字は、いつ頃からあるのだろうか。

 そもそもは古代の大和王権の有力氏族が互いを区別するため、名前をつけた。「中臣氏(なかとみうじ)」「物部氏(もののべうじ)」など職業にちなんだものもあるが、「吉備氏(きびうじ)」「 尾張氏(おわりうじ)」など、国名をつけたものもある。

 名前で、氏族の出身地域がわかるのだ。

 平安時代中期以降、貴族は邸宅や別荘のあった場所の地名を名字にすることが多かった。日本各地で勢力を伸ばした有力武士は、惣領(そうりょう)のみが先祖伝来の姓を名乗り、それ以外の子は本家の近くに居を構えて、その地名を名字とした。

 貴族、武士の間で広まった名字を一般庶民が使うようになった時期ははっきりしない。

 ただ、文献資料から読み解くと、少なくとも室町時代以前から存在していたと考えられる。

 その総数は正式な調査がなく、現代では約10万から20万あるといわれている。

 「名字の基本的な役割は、家と家を区別すること。そのために住んでいる場所を手がかりにすることが多いですね」

 姓氏研究家で、名字に関する著書も多い森岡浩さんは言う。

「法事で親戚が集まると自然に、『大阪の叔母さん』などと呼びます。それと同じように地名で呼ぶようになったのが名字の始まり。昔は引っ越しがなかったので、それが固定して一族の名字になった。自然発生的に誕生したのです」

■地形や方角も名字になる

 日本は人口密度が高く、同じ地名の土地にたくさんの家がある。

 地名由来の名字だけでは家々の区別が付かない場合、地形や風景などで区別をした。

 「山」「川」「谷」などの自然の地形、人の手が入った「田」「畑」「塚」「堀」なども名字に多く活用されている。

 また方位方角も大切な要素だ。基本は東西南北で、本家から分家した一族が、本家から見てどの方角に住んだかで決まる。「上」「下」「中」「前」などの方位を示す言葉も重要だ。

 数は多くないが、職業由来の名字もある。機織(はたおり)をする「服部(はっとり)」、弓を作る「 弓削(ゆげ)」、荘園を管理する「庄司(しょじ)」、「越後屋(えちごや)」などの屋号を名乗る商家などだ。

 これらは自然発生的な名前だが、平安時代の大貴族・藤原氏に由来する「下に藤」がつく名前は人為的だ。藤という漢字を使って藤原氏であることを示しながら、自分の家を区別するため「地名+藤」という名字を考案した。たとえば加賀の藤原氏は「加藤」、近江の藤原氏は「近藤」という名字になる。

【名字の由来は大きく5タイプ】
❶ 地名
❷ 地形、風景
❸ 方位、方角
❹ 職業
❺ 下に藤

 自分の名字の由来を知りたいときは、地名、地形・風景、方位・方角、職業、下に藤を手がかりに探求しよう。多くの名字は〜で判断がつく。とが組み合わされ「川上」「山下」などの名字になることも多い。方位には北を子、東を卯など干支をあてる呼び名もあり、「巽」「辰巳」(南東のこと)などの名字も方位姓だ。

10/28(水) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201028-00699240-besttimes-life

★1:2020/10/31(土) 21:08:50.59
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604198514/

195 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 07:32:52.17 ID:/qHs7vQb0.net

まあ一、二代で滅んじゃう様な家なら名字いらないって事。
逆に何代も続いて資産が継承される場合に名字が必要なんだろう。
武士とか関係せずに。

388 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 02:03:11.76 ID:yB+HdirS0.net

オンラインゲームのチームが、お互いをブロックしあう最悪の結末を迎えて崩壊した話。
http://scjso.skamaria.net/ctcs/jZoaL0QTHg.html

「5億円稼いだら辞めると決めていた」カカクコムを創業し、28歳でリタイアした男の今
http://scjso.skamaria.net/vtcs/3cBs8txvAC.htm

40 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 23:54:56.44 ID:P2HzX3w+0.net

>>35
世界中で普通に行われてる事なんだけどな。
マクドナルドは「ドナルドの息子」って意味だから、要はそこの一族の初代がドナルドだったって意味だし。

320 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 21:37:50.80 ID:+xUg6zOE0.net

藩からの借入依頼→応じて大金貸付
→褒美に名字帯刀許可→明治維新で藩が踏み倒し

地元じゃこれで結構損害被った旧家だらけだなw

406 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 10:16:42.00 ID:Y7KRZK+M0.net

江戸期は農民が公で名字を名乗ることは出来なかったから、普段は字+名前とか、特徴+名前とか、通名で他人と区別していた。

農村は同じ名字の人が集住してる傾向があるので、戦後もこういう慣習は活きてたね。

286 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 17:51:47.08 ID:gTUAy0cr0.net

>>12
そもそも江戸時代まで農民が石造りの彫刻された墓なんて許されたわけねーだろ
そもそも日本の法律上は武士だって墓作ったらいけなかったんだから

279 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 15:17:03.70 ID:09LfkVzq0.net

いうて
屋号みたいな性質なもんだろ

78 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:33:06.02 ID:/MI5oJhH0.net

アンカー間違えた

× >>69
>>62

136 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:43:54.47 ID:nWmwXKrk0.net

>>113
自分の母方の先祖も同じだわ
徳川時代が完成する過程で改易された西日本の大名の家臣の家で
戦国時代の山城の麓に改易時に帰農した家と先祖代々の墓地があるわ
だから母方の旧姓は当然だけど安土桃山時代の武士だった時と一緒

271 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:59:50.11 ID:TFmYOV2X0.net

>>256
本当はこういうのって法曹界の仕事なのに
あいつら全然やってないよな

だから仕方なく政治史とか技術史の方面のおまけとして
人権の歴史を扱っている

281 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 17:14:13.06 ID:HRCdIj4o0.net

ケンイチ氏

185 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 06:46:47.96 ID:rRs2ez7y0.net

金藤のワイ 選ばれた人間であることを改めて知る

266 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:50:11.27 ID:SFE4ld3G0.net

「目」と書いて「さかん」と読む姓がある。

459 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 16:45:38.70 ID:iQkJ6FhJ0.net

>>442
平井一つとっても
源氏、藤原氏、紀氏、平氏、朝鮮系と色々あるから

313 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 21:24:13.91 ID:AGnra73m0.net

江戸期の墓石に名字は彫ってあるけど、屋号を彫ってあるのは見たことないな。

250 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 13:16:44.83 ID:TFmYOV2X0.net

>>241
エンターテインメントってのは田舎出身の人を
公に活躍させられるように演出することで場を提供した
資本主義の一形態で、経済発展する中で育まれた手法だよ

331 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 22:06:08.86 ID:AGnra73m0.net

>明治5年の推定米食率は農民が約50.8%

想像していた以上に米が食えてたのか。
イメージ的に雑穀が過半だと思ってたわ。

207 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 08:20:06.38 ID:TFmYOV2X0.net

条は貴族
田は士族

409 :名無しさん@13周年:2020/11/03(火) 11:13:01.90 ID:gb5gLVRhI

 倭王=阿毎氏=阿部丞相(倭安部氏=物部氏)=安曇(阿度部)磯良=武内宿禰
 → 天皇家、藤原氏、etc
  → 源氏、平家、その他

436 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 15:40:08.88 ID:GK3Cv7+C0.net

江戸時代の武士は刀を抜いただけでも始末書ものだったそうだから、現代でいえば警察官と拳銃の関係みたいなものかな。

259 :高篠念仏衆さん:2020/11/02(月) 13:34:13.06 ID:hqTOk5WJ0.net 329 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 21:56:16.40 ID:eWv8v2VH0.net

>>327
そしたら家続かなくね?
安倍前総理の御先祖は小作人との兼業武士だよ?

88 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:38:55.68 ID:W4brPQjT0.net

>>85
荘園主の分家だよ。

231 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 12:21:23.96 ID:PXhdtX+N0.net

>>228
新一万円札の顔になり、来年の大河の主人公ともなる渋沢栄一の生まれた血洗島村では、
渋沢を名乗る家が10何軒もあったので、栄一の家は「中の家」と呼ばれるように、屋号で呼ばれる。

463 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 16:52:32.91 ID:GK3Cv7+C0.net

>>458
武蔵は江戸初期だからね。

104 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:05:18.41 ID:/MI5oJhH0.net

江戸時代は肉を食べなかったとか、事実に反することが通説のように信じられてることが多いよね。
身分制度も藩によってローカル色があったから、名字の扱いも多少は地域差があったのかもしれん。

117 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:17:58.74 ID:km0+MaqB0.net

>>108
一応、子孫もいるだろ
公家じゃなくなった傍流の子孫ってだけ
佐藤とかと同じ

90 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:39:07.73 ID:YE+EBeUs0.net

>>84
その親父は自分の親orz
縁起の良さとかもあるんだ?教えてくれてありがとう

385 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/03(火) 01:53:22.80 ID:qQ2h6fnm0.net

>>378
お前は神話と現実をこっちゃにしてるだろ。

152 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:00:34.84 ID:2vV7hvC70.net

失礼だと思うが、レベル低すぎの記事だな。

農民が苗字を持っていた? バカ丸出しだ。記事をフォローする気にもならん。

ウチもそうだが、先祖は土豪。国人と言ってもいい。そういう人間にとって、
苗字は当たり前。徳川政権での公式上が禁止されただけだ。
農民=公家、武士、工業職人、商人以外だからな。小作農も自作農も大地主も皆農民だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
フォローする
FAV capture

コメント

タイトルとURLをコピーしました