スポンサーリンク
スポンサーリンク

【軍事】刀?鉄砲?意外に知らない、戦国合戦の主力兵器 戦国合戦と城攻めのリアル(8) [人気者★]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 :人気者 ★:2020/11/06(金) 13:02:13.36 ID:GKP4HqJv9.net 刀?鉄砲?意外に知らない、戦国合戦の主力兵器
戦国合戦と城攻めのリアル(8)
2020.11.6(金) 西股 総生 生活・趣味 歴史
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62740

 ・『長篠合戦図屏風』(部分)(Wikipediaより(ママ))


(城郭・戦国史研究家:西股 総生)

JBpressでの連載をまとめた『1からわかる日本の城』を発刊した西股総生先生が、知っているようで知らない、戦国武将の真相や、戦国合戦のリアルな様相を解説するシリーズ。
今回紹介するのは戦国時代の主戦力。織田信長の桶狭間や長篠の合戦に見られるように鉄砲と思われがちだが・・・武将たちは何を持ち、戦場へ出たのか?(JBpress)

〓数が揃わなかった鉄砲
 前回、織田軍の鉄砲隊は長篠合戦の主役ではなかった、という話を書いた。信頼できる史料から分析すると、戦国大名の主力軍でも、鉄砲の装備率は全体の2割に満たないことがわかる。
鉄砲は、戦場の主役になるほど数が揃わなかったのだ。

 では、戦国時代の主力兵器は何だったのだろうか?

 もともと、武士が持つ武器の代表は弓矢であった。源平合戦の頃には、武士としての生き方を「弓馬(きゅうば)の道」などと呼んだし、
戦国武将たちが書いた手紙でも、戦争のことを「弓矢」と言ったり、武将のことを「弓取り」と呼んだりしている。

 けれども、その一方で戦国時代には、戦場での活躍のことを「鑓働き」、敵陣に真っ先に乗り込む手柄を「一番槍」などと呼んでいる。
戦国時代には、武器の中で槍の存在感が高まっていたようだ。では、槍はどのくらいのウェイトを占めていたのだろう。

 実は、軍勢の動員システムにかけては、織田信長よりも北条氏や武田氏といった東国大名の方が、格段に先進的であった。
北条氏や武田氏は、家臣たちの知行高を台帳によって正確に集計し、これを元にして動員すべき兵の数、持参する武器の種類と数量を、家臣の一人一人に対して割り当てる体制を整えていたのだ。

 対する信長は、そのような「数字による管理」を行った形跡が、まるでない。どんぶり勘定でやっていたとしか思えない。
たとえて言うなら、北条産業や武田興産は会計システムを導入しているけど、織田商店は、まだ店先に吊したザルから現金を出し入れしている、みたいな話なのだ。

 さて、先進的だった東国大名たちが残した史料を見ると、槍の装備率はおおむね4割〜5割くらいに達する。
この場合の槍は「長柄(ながえ)」と呼ばれる、5〜6mもあるもので、足軽や雑兵といった身分の低い兵たちが装備したものだ。

 ・月岡芳年画「芳年武者无類 山中鹿之助幸盛」(Wikipediaより)【略】

 ドラマなどでは、そんな長い物を撮影現場で振り回すわけにはいかないから、野外ロケでも2mくらいの槍で済ませている。
しかし、陣笠&腹当てスタイルという、ドラマでよく見る足軽たちが持っていた槍は、本当ははるかに長かったのだ。

 一方で、史料には「馬上(ばじょう)」と表される兵たちがいる。「馬上」というと、騎兵をイメージする人も多いと思うが、戦国時代の場合は「馬に乗って従軍する武士身分の兵」という意味で、騎兵ではない。
戦国時代には陣地戦や城の攻防戦が多かったので、「馬上」の者も歩兵として戦う場合がほとんどだったからだ。この、武士身分の兵たちは、もう少し短い4mくらいの槍を装備していた。

 「馬上」は軍勢全体の2〜3割くらいを占めるのが普通だから、長柄部隊とをあわせると、戦国時代の軍隊の過半数は槍を装備していたことになる。

 戦国時代の主力兵器は、間違いなく槍だったと言ってよい。

 槍が戦場で使われるようになったのは南北朝時代の頃からであるが、鎧に対する貫通力がすぐれていたため(ママ)、戦国時代には急速に普及して、主力兵器の座を占めるようになったのである。

●西股総生『1からわかる日本の城』好評発売中!【略】

もっと知りたい!続けてお読みください
長篠合戦の主役は織田軍の鉄砲隊ではなかった?【リンク略】

221 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 14:08:48.58 ID:RinzaNQH0.net

>>205
対アンデッドでダメージボーナス高いんだよな
レアドロップだけど銀の丸太手に入れれば吸血鬼相手に無双できる

458 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:10:08.16 ID:x0FdQDe+0.net

>>445
野戦築城を思い切り勘違いしてるが要塞なんか作ってないぞ

665 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:53:21.32 ID:l9TSVPO30.net

>>659
小田原攻めの最初の山中城は
難攻不落の箱根の守りだが
秀吉は武偉みせつけるために
あえて精鋭部隊まで投入して強襲突撃で
1日でおとした

798 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 16:55:11.43 ID:J461Oa0A0.net

>>786
鵯越だっけ
可哀想だからと馬を担いで坂降りた武士が居たのはw

小柄な和種馬に六尺越えが乗って急斜面降りるのは確かに動物虐待だわ

968 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 18:11:15.58 ID:kOXTOSbs0.net

鎧や刀や槍はよく家宝で見かけるけど
鉄砲は無いな

656 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:50:51.32 ID:BaqQvnJT0.net

>>638
御建ての乱で景勝に金で懐柔された勝頼www
そら弟を見殺しにされたら氏政も怒るわなw
勝頼は和睦させようとしてたけど
景勝から金もらって和睦してまで景勝がやりたい事って景虎全滅しか無いよな
どう計算して和睦とか考えたのか知らんけどw

143 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 13:44:47.43 ID:iPGADfCt0.net

弓で死ぬってのも眉唾だよな
毒でも塗ってたのかな

384 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 14:56:11.12 ID:y28eRyz40.net

>>364
元々日本の城は高い所に作るのが多かったからだろう。
平城メインになったのは安土桃山の末期くらいからじゃないか。

88 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 13:30:31.30 ID:c1CMQrAe0.net

槍一択だろ。
徴兵されたその辺のオッサンが弓、鉄砲なんて使えるわけない。

473 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:13:17.80 ID:rFSSZ2Xq0.net

>>196
こりゃマンモスも絶滅しますわ

90 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 13:31:17.81 ID:FJYp8U+P0.net

戦場での負傷原因の1位は矢傷だから、主力は弓矢だろ
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1191632776
相手を傷つけるのが目的だから装備率は関係ない

381 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 14:55:02.94 ID:jcI3tCoNO.net

>>364 平地に有る城が少ないからでわ

970 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 18:15:03.42 ID:GKP4HqJv0.net

>>1
【軍事】刀?鉄砲?意外に知らない、戦国合戦の主力兵器 戦国合戦と城攻めのリアル(8)★2 [人気者★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604654075/

992 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 18:34:11.00 ID:h/4JRTbp0.net

>>531
尼子の月山富田城を大内と毛利が攻めてるけど
大内は丸一年、毛利は2年以上攻囲してるな

まあ、仮に長期の攻囲をしていたのが兵農分離の証左だというなら大内や毛利は兵農分離していた事になる

762 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 16:39:44.50 ID:4B/BVxDk0.net

>>741
応仁の乱の時に「発石木」という武器が使われたという記録があってこれは投石機ではないかという説がある
明から情報が持ち込まれたんじゃないかと思われるが、京で行われた市街戦ならともかく山城を攻める攻城戦では使えないので日本には定着しなかったようだ

407 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 14:59:58.94 ID:e6DctKgJ0.net

>>381
そうか。戦国期の城攻めは多くは山城相手なのか。
土木機械を設置する場所がない。
南蛮人は、すごい兵器があるよと信長に耳打ちしなかったのかな。

969 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 18:12:39.15 ID:L0RyqI6C0.net

今年は六郷の竹打ちやるのかね

967 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 18:09:20.22 ID:IR99D/Jo0.net

>>26
間合いが違うんだから勝てるわけないだろw
女用の長刀みたいなもんだからな

逆に男が使えば最強、三国志とかでも使ってる武将は強かった

594 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:38:34.74 ID:TbciH8Il0.net

>>587
信玄が作った軍隊だからな

597 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:39:19.86 ID:4CG7OSyT0.net

>>561
戦国から江戸期は小氷期で、いまより気温が低かったようだしな

576 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:34:59.54 ID:Ri24cN2c0.net

日本の鎧は肩に盾が装備されてるような作りになってますからね。

騎兵は弓が飛んで来たら兜と鎧に装備された肩盾で避けていた。

まあ、机でガリベンしてただけの軍師もどきにその場のガリベンクイズ知識だけで

盾を持たされてたような勢力は現代でもさっさと絶滅させないとね、”真剣勝負”で。

連中のマウンティング文化はどこでもかしこでもうっとうしいからね。

100 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 13:34:02.07 ID:btNh0QqQ0.net

鍬が1番役に立つと歴史専門家が言っていた

423 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:03:32.76 ID:y28eRyz40.net

>>407
そもそもその手の攻城兵器なら西洋に行かなくてもニーズがあれば中国から入手可能だったんじゃないかな。

655 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 15:50:29.99 ID:l9TSVPO30.net

>>652
あと手にいれるだけの莫大な経済力

289 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 14:31:16.10 ID:xRMhVmqs0.net

お前らが戦場に出たらどうなるか想像しようよ。

敵が馬を先頭に大勢攻めてきたら、逃げるだろ。
敵を攻撃したくても弓は飛ばせないし鉄砲も持たせてもらえない。なら、刀よりならなるべく敵と離れて戦える長い槍使いたいだろ。

93 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 13:32:39.12 ID:MBxXbrgQ0.net

>>89
群から離れたら家までたどり着けない時代

855 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 17:22:28.58 ID:vG76N8oq0.net

>>850
重すぎると野球の投げ方じゃ肩壊しそうだが大きさどれくらいなんだろうね

766 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 16:42:37.08 ID:9CSlKeq30.net

>>761
まぁ、攻めて来たモンゴル兵が正規軍では無く弓がそこまで上手くなかったのと
あの頃の武士が変態的な能力持ってたからだろw
敵がビビる程度には

83 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 13:28:22.00 ID:MBxXbrgQ0.net

>>50
矢は丘の上までは届かんからな

261 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 14:23:34.90 ID:0EFnlaug0.net

>>246
先輩!
ちょう重くって無理っス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
フォローする
FAV capture

コメント

タイトルとURLをコピーしました