スポンサーリンク

【音楽】ビル・エヴァンス・トリオ 68年ロニー・スコッツ公演のライヴ音源発掘 アルバム12月発売「自分たちにとって最高の演奏」 [湛然★]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 :湛然 ★:2020/10/02(金) 22:38:33.48 ID:CAP_USER9.net ビル・エヴァンス・トリオ 68年ロニー・スコッツ公演のライヴ音源発掘 アルバムが12月発売
2020/10/02 amass
http://amass.jp/139802/
Bill Evans / Live At Ronnie Scott's



ビル・エヴァンス・トリオ(Bill Evans Trio)、1968年ロニー・スコッツ公演のライヴ音源が遂に陽の目を見る。エディ・ゴメス(Eddie Gomez)、ジャック・ディジョネット(Jack DeJohnette)が最高の演奏だったと語っていたライヴ音源を発掘。アルバム『Live At Ronnie Scott's』として12月4日発売予定。ジャケットはデヴィッド・ストーン・マーチン。リリース元はRESONANCE RECORDS/ King International

以下インフォメーションより

★遂に登場! ビル・エヴァンス・トリオ1968@ロニー・スコッツ。エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットが最高の演奏だったと語って来たライヴ音源を発掘、作品化! 音源は、ディジョネットのアーカイヴから!

★ジャズ史における屈指のドラマ! ! 1968年、ビル・エヴァンス、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットによるトリオによるロンドンの名クラブ “ロニー・スコッツ" での演奏が、遂に! 作品化、登場となります。

★1968年のこのトリオの活動期間はわずか6ヶ月。作品は長い間『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』しか存在しないものとされていましたが、2016年に幻のスタジオ録音『Some Other Time』が、2017年にオランダでのライヴ『Another Time』が発掘されてリリース。トリオの真実を顕にし、ジャズ史を書き換えましたが、その一連の流れにおいても、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネット双方が、<自分たちにとって、最高だったのはロニー・スコッツでの演奏>と再三、発言。つまり、本作は、アーティスト自身が自分たちの活動において最高だったと語った演奏が収録されているものになります。
(中略)
★演奏された曲目は、モントルーでの演奏でもあまりに印象的だった “いつか王子様が" を含め、『Some Other Time』『Another Time』で演奏された楽曲を11曲。一方、9曲は、このトリオで、ここでしか聴けないもの。超有名曲 “ワルツ・フォー・デビー" をはじめ、 “ラウンドミッドナイト" “枯葉" といったナンバーを、おなじみのイントロやアレンジで聴くことができることも大きな魅力です。しかし、なにより、全編にわたって “これぞエヴァンス! ! " というリリシズムとフレージング、そして ≪このグループでしか成しえなかったインプロヴィゼーションの極みを見せるテンション高い演奏≫が聴く人の心をとらえてやみません。

★その演奏の発表に相応しく、パッケージも豪華! ジャケットは、数々のジャズ・アルバムを描いたデヴィッド・ストーン・マーチン。しかし、ストーン・マーチンがエヴァンスを描いたのは、これが唯一のもので大変貴重! Resonanceならではのこだわりが詰まっています。

■Bill Evans
『Live At Ronnie Scott's』
ビル・エヴァンス/ ライヴ・アット・ロニー・スコッツ

[商品番号: KKJ-1045] [原盤品番: HCD-2046] [2CD] [Import] [日本語帯・解説付] [英文解説全訳付] [Live] [RESONANCE RECORDS/ King International]

[CD1]
1. A Sleeping Bee (4: 58) (Side1)
2. You're Gonna Hear From Me (3: 01) (Side1)
3. Yesterdays (4: 53) (Side1)
4. Turn Out The Stars (4: 46) (Side1)
5. My Man's Gone Now (5: 54) (Side1)
6. Emily - Take 1 (4: 47) (Side2)
7. Spring Is Here (4: 59) (Side2)
8. Embraceable You (5: 59) (Side2)
9. For Heaven's Sake (4: 25) (Side2)
10. Someday My Prince Will Come (6: 27) (Side2)
[CD2]
1. Quiet Now (5: 49) (Side3)
2. Round Midnight (6: 53) (Side3)
3. Stella By Starlight (3: 58) (Side3)
4. Alfie (5: 24) (Side3)
5. You're Gonna Hear From Me (3: 21) (Side3)
6. Very Early (5: 01) (Side4)
7. Emily - Take 2 (4: 14) (Side4)
8. Waltz For Debby (4: 58) (Side4)
9. Autumn Leaves (4: 35) (Side4)
10. Nardis (5: 20) (Side4)

メンバー:
Bill Evans (p), Eddie Gomez (b), Jack DeJohnette (ds)

74 :名無しさん@恐縮です:2020/10/03(土) 00:24:05.63 ID:J8zZOWCE0.net

エヴァンスはスウィングが阿波踊りっぽく聴こえて困る。ハーモニーは唯一無二なのになあ、、、。

15 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 22:57:51.85 ID:aQHAbN380.net

>>35の人は注意せぃよ…>>4

45 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:42:29.88 ID:LuKNTp5f0.net

ビルエバンスがエレピ弾いてるFrom Left To Rightすき

なんかタイトルがムーディ勝山みたいだけどw

11 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 22:51:32.65 ID:mEUFdhOF0.net

昔よくきいたなぁ
エクスプロレイションズが一番好き

59 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:53:24.98 ID:aXDwJzko0.net

買おうかな

35 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:36:35.04 ID:3UijOSme0.net

Amazon musicにこないかな。
金出しても良いから、ダウンロード販売頼む

24 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:18:34.14 ID:DIPyc7cE0.net

1980年のロニースコッツめっちゃいいんだよな
ラストトリオがバンド完成した瞬間のよう

94 :名無し募集中。。。:2020/10/03(土) 02:12:38.91 ID:9ochFM0+0.net

>>93
>パーカーと一緒にやっていた時は たしかにマイルスはバッブを吹いていた
>だから影響は皆無ではない
皆無じゃないってことは影響されたってことじゃないのw
オマエ自分で何を言ってるか理解してるか?w

5 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 22:45:23.29 ID:OLLrnDBP0.net

お城ジャケのやつと同じメンツか

66 :名無し募集中。。。:2020/10/03(土) 00:04:11.17 ID:9ochFM0+0.net

>>63
マイルスは全部持って行くからなw
エヴァンスの功績あっての、とは思うが「Kind of Blue」はマイルスのモノじゃないか?

62 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:58:38.34 ID:QKKunFVv0.net

ピーコック!!

13 :なな:2020/10/02(金) 22:56:12.40 ID:4gbbfvtk0.net

なんだこのださイラスト

ほかのアルバムジャケットとならべられんわ

51 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:47:11.52 ID:uSFbryWQ0.net

レッド・ガーランドとか
ピアノじゃないがアートブレイキーとかが良かった。
わかりやすくて格好いい。

17 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:02:11.69 ID:wjV7tawG0.net

>>11
アンダーカレントが好きやなぁ

29 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:30:47.70 ID:ZbJaufIp0.net

これは欲しい
アルバム買うの何年ぶりだろう、、

80 :名無しさん@恐縮です:2020/10/03(土) 00:35:20.15 ID:JF+j9fI10.net

スイス録音の硬質でシャープな音質で良いよな
デヴィッドストーンマーチンジャケなんて最高じゃん

116 :名無しさん@恐縮です:2020/10/03(土) 07:54:46.02 ID:YS04qEaM0.net

バックトゥザフューチャーを初めて観たとき、ビル・エヴァンスが出てると思った

77 :名無し募集中。。。:2020/10/03(土) 00:29:44.31 ID:9ochFM0+0.net

>>71
ホールとの共演も良いけど推すならゲッツとの共演かな、ベタだけど。
エヴァンスの指が冴えてる。

23 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:16:16.91 ID:QnE7Ba5E0.net

>>20
ノリとかリズムなら他にかっこいいピアニストはたくさんいるけど
音の選び方が絶妙で唯一無二

41 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:39:43.87 ID:DIkPc4na0.net

>>30
ビルとウェスの共演無いのかな?
ジャズはこの二人さえいれば良いと思うくらい好きだ。

75 :名無し募集中。。。:2020/10/03(土) 00:25:08.68 ID:9ochFM0+0.net

>>69
どういう意味でムズいのか全く解らんw
"黒さ"をまず身体に染みこませろって話?w

55 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:49:47.08 ID:vGtN1ydO0.net

>>48
世にあふれるほどのジャズがあるのに
毒キノコどころかナメクジがいっぱい出てきそうなビルエバにマンセーなところが
めっちゃキモいのww

115 :名無しさん@恐縮です:2020/10/03(土) 07:52:11.24 ID:3i/HCwVb0.net

>>111
全くだよね。
このスレ内ですら、マウントやら否定合戦やらしてる奴いるし。
めいめい好きに聴けないのかね、、
と思う。
まあ、どんな趣味や音楽ジャンルにも
ある話なんだろうけど。

42 :名無し募集中。。。:2020/10/02(金) 23:39:54.64 ID:sdw2Yfv/0.net

>>30
バロック>古典>ロマンと時系列を追わないとクラの良さが解らないように
スウィング>バップ>ハードバップ>モード>フリーとジャズも時系列を追わないと語れない。

ポップミュージックとは違い、若干そういう意味ではアカデミックな"耳"を要求されるのがジャズ。
修行が足らんなw

>>37
煽る前にロジカルに頼む。
子供かよw

42 :名無し募集中。。。:2020/10/02(金) 23:39:54.64 ID:sdw2Yfv/0.net

>>30
バロック>古典>ロマンと時系列を追わないとクラの良さが解らないように
スウィング>バップ>ハードバップ>モード>フリーとジャズも時系列を追わないと語れない。

ポップミュージックとは違い、若干そういう意味ではアカデミックな"耳"を要求されるのがジャズ。
修行が足らんなw

>>37
煽る前にロジカルに頼む。
子供かよw

96 :名無し募集中。。。:2020/10/03(土) 02:14:58.70 ID:9ochFM0+0.net

>>95
ならオレに絡んでくるなよw

88 :名無しさん@恐縮です:2020/10/03(土) 01:37:37.59 ID:10HDKjXH0.net

>>87
パーカー エバンスはともかく 
マイルスがコルトレーンやコールマンに大きな影響受けてる訳ないでしょw
だいたいパーカーからの影響にしても
そこから離れる為に袂を分かつ訳で
ひきずってはいないしね 
パーカーから離れた後の音楽にはパーカーの色はほぼない バップではない
そういう意味ではマイルスはパーカーからの影響も小さいと言える
そりゃ最初に衝撃をうけたのはパーカーとガレスピーなのは間違いないが
しかし そこから変化し続けた

そもそもジャズと隔絶してるなんて一言も書いてませんw
ストローマン論法はやめてね
単にジャズの枠だけに入らないと言っている
マイルスとはとんでもなく大きい

60 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 23:54:19.41 ID:LuKNTp5f0.net

ビルエバンスといえばこれよな 師匠のジョージラッセルのアルバムに参加したやつ
https://youtu.be/tCfzE7w0SFw

107 :名無しさん@恐縮です:2020/10/03(土) 04:09:35.78 ID:10HDKjXH0.net

>>101
待ってたけど もう 寝るよー

一応 私は音楽には詳しいとは思っていない  
誇るほどのこともない 無知を自認している 自分より詳しい人などいくらでもいる
一応 ミュージシャンではあるが 音楽理論もあやしいレベル
楽譜も読めるが初見は弱い

しかし そんな無知である私の知る限りでもモード奏法はマイルスが元祖ではない
ビルエバンスの師匠であるジョージラッセルが
リディアンクロマチックコンセプト(私はまったく理解していない)を提唱し
そこからモード奏法は生まれてくる
マイルスはラッセルの影響を受け ラッセルはそれならばとエバンスを推薦し
そしてアレが生まれる
モード奏法を一番有名にしたのはマイルスとは言えると思う
しかし ラッセル以前にもモードのアイデアを持っていた人はいたでしょう
(ラッセルのリディアンクロマチックコンセプトについて 
まったく無知なので明言はできないことをお断りします)

エジプトではマカームというモードがあり それに対応するイーカーというリズムがある
それで即興する それをタクシームという
インドでもラーガで即興する 夜のラーガ 昼のラーガ 様々なラーガがあるらしい
マカームもラーガも上行下行で音が変わったり 微分音等もあるそうな
それらについて詳しくはない
(西洋音楽でもメロディックマイナースケールは上行下行で音がかわる 絶対ではないが)
認識に間違っている部分も多いとは思います
しかし そういうモードを持つ民族は他にもあるよね
ペルシアのダストガーとか
だからマイルスが「音楽表現を拡張した」とは言わない つか 最初から言ってない!
モードは普遍的にあったものだから
しかし マイルスが単なるジャズというくくりにはまらないとは思う
それは まったく矛盾することではない
モードにもとどまらず 
様々なものを消化し 変化し続けたのがマイルスミュージックだと思う
モードと同じく それら取り入れたものも元々あったもの
だから「音楽表現を拡張した」とは言わないし
そんなことは 最初から 最初から! 言ってません 最初からね!
まあ でもマイルスはそれらを取り込み自分のオリジナルにしたといえるでしょう
その要素の一つにジャズがあり
もともとジャズミュージシャンなのでカテゴライズされるのはわかりますが
全時代聴けば 単純にジャズでひとくくりできないものであることは容易にわかります

3 :名無しさん@恐縮です:2020/10/02(金) 22:44:39.33 ID:oo8QLtUd0.net

ステレオ録音か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
フォローする
FAV capture

コメント

タイトルとURLをコピーしました