スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ満州はアヘンで滅びたのか? 人がクスリをやめられない意外な理由とは マンガ『#満州アヘンスクワッド』原作者インタビュー [朝一から閉店までφ★]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 :朝一から閉店までφ ★:2020/11/12(木) 13:54:40.87 ID:CAP_USER9.net なぜ満州はアヘンで滅びたのか? 人がクスリをやめられない意外な理由とは
マンガ『満州アヘンスクワッド』原作者インタビュー

門馬 司 2020/11/11

「伊勢谷友介容疑者、逮捕――」

 9月に報じられた演技派俳優逮捕の一報は、日本中に衝撃を与えた。だが、近年は伊勢谷容疑者の前にも芸能界からはピエール瀧、沢尻エリカ、槇原敬之など多くの人気タレントたちが違法薬物で逮捕されている。

 また、スポーツ界からも10月に入って東海大学野球部の学生が大麻を使用した疑いで、部の活動が無期限停止になるなど、その影響は芸能界に留まらない。

 翻って、不思議なもので、フィクションの世界では海外ドラマの「ブレイキング・バッド」や「ナルコス」をはじめ、違法薬物をテーマにした作品はいつの時代も人気を博している。

 ではなぜ人は関われば大きな代償を払うことを分かっていながら、これほど薬物の物語に熱狂するのだろうか――。現在、講談社コミックDAYSで連載中の人気作『満州アヘンスクワッド』の原作者・門馬司さんに話を聞いた。

◆ ◆ ◆

 1931年に起きた満州事変から90年が経とうとしています。

 その後に建国された満州国では、歳入予算6400万円のうちアヘン専売による収入が1000万円を占めていたといわれています。まさに、満州という国はアヘンという薬物で栄えた一方で、アヘンとともに滅びた国と言えると思います。






アヘンで栄えた満州という地域の現実

 この『満州アヘンスクワッド』という作品は、関東軍として満州にやってきた貧乏兵士がアヘンの密売に手を染め、成りあがっていくクライムサスペンスとして描いているのですが、いろいろ過去の資料を調べてみると、いまの時代にもつながるいろんな人間心理が垣間見えてきます。


満州国皇帝奉祝の人文字-1935年撮影 ©文藝春秋/amanaimages

この記事の画像(8枚)
https://bunshun.jp/articles/-/41213


 アヘンって実は日本国内だと御禁令が結構早めにでているんですよね。というのは、アヘン戦争で清がボロボロになったのを見ていたので、それをもって日本は結構早い時点から厳しく規制をしたんです。だから日本の人たちにとって「アヘン」ってあまりピンとこなかったんだと思うんです。

 ところが満州となると、その状況が変わってくる。満州はアヘンという薬物にかなり汚染された地域だなという印象でした。だからこそ、そこを舞台にしてみようかなと。日本人もたくさんいましたし、読者も興味を持ちやすいだろうということで満州を舞台に選びました。


満州国のアヘンは政府が専売の形で小売人に売るシステムで、そのアヘン畑が各地にあった。当然、身近な畑からは違法栽培、密売が横行し、利権も生まれていた。 『満州アヘンスクワッド』第1巻より ©門馬司/鹿子 講談社



次のページ人はなぜ薬物に手を出してしまうのか?
https://bunshun.jp/articles/-/41213?page=2

81 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 16:08:42.33 ID:vk3vbUSY0.net

>>77
「問題が起きた時はその濾過装置の問題として処理すれば良い」とも言ってる
つまりは中間に何らかの組織を介在させるのが良いということを岸本人が意識的に話してる
むしろあんたの方が善悪の尺度で語ってるように感じるが

122 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 21:37:00.99 ID:ze4xcwYY0.net

アヘンってどのぐらい気持ちいいの?

122 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 21:37:00.99 ID:ze4xcwYY0.net

アヘンってどのぐらい気持ちいいの?

85 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 16:11:55.58 ID:vk3vbUSY0.net

>>80
台湾は阿片に頼らずとも砂糖等の生産で資金を得られるし
満州よりも農業に適していたからね
北部では殆ど耕作に適さない満州とそこらは違うわな

144 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 23:50:28.16 ID:U7ck/M5P0.net

>>81
ちゃんと筋とおってること言ってるし
反証にもなってないアホにかまったらアカン

97 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 18:44:51.40 ID:L1wBuCnN0.net

>>66
>この資金で稼いだ金を宝石に変えて
>ボストンバッグに入れまくって
>危機一髪で中国から脱走して
>コ●マ、サ●ガワの両先生が
>持ち帰った資金を元手にして
>ジ●ン党はできたと言う話もある

それが「M(満洲)資金」
岸信介らはそのカネで総理になった
モーターボートで更にボロ儲けしたカネが
自民党地方議員になった元運転手の893息子の新しく作る党の資金になって
出来たのが893維新w

115 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 20:54:40.82 ID:tan5HjPg0.net

>>110
つづき
アメリカとの共同経営を拒否したのが日本支配層。
インベストメント・バンキングが分からない程、
日本支配層は会計や金融通貨制度が分からなかった。満州では、
今のモノづくりに繋がる実業の産業育成はしましたが、
金融や通貨制度がないから、アヘンを通貨とせざるを得なかった。
日本は昔から知的に劣っている。教養や文化の蓄積が乏しい。
日本のエリートはみな実学志向ばかりだから、
ITでボロ負けしている。
あと外国への僻みと奪われるという被害妄想から、
自力でやり過ぎる。その上日本人は優秀な民族だと、
自惚れナショナリズムを喧伝して日本庶民を煽るしかない日本支配層。
昔も今も何ら変わりないのが日本人。

70 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 15:52:54.98 ID:uJWoxw9k0.net

>>68
フェミニズムについては違うぞ
江戸時代はかかあ天下だったし女も仕事を持ってた
女は男に従えと言い出したのは薩摩藩主導の明治政府だ

162 :名無しさん@恐縮です:2020/11/13(金) 13:09:54.54 ID:WQKYKoj20.net

バイデンの娘もコカイン吸って逮捕の前科もち

62 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 15:37:40.42 ID:i3cy1e9A0.net

>>31
貧乏人のドカ喰いw

111 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 20:42:07.39 ID:Env5Ukku0.net

>>110
代わりにアメリカがおいしいとこごっそり
持って行くのだが。

143 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 23:36:57.21 ID:AuBeGlO+0.net

>>128
ハリマンの共同経営案を受けていれば満州はアメリカ資本が入ってロシアと中国との緩衝地帯になり、現在の民主主義且つ経済に戦争の悲惨を味わずもっと早く到達していただろう
小村寿太郎の功罪は半ばする
結局米露中全て敵にしてしまった

38 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 15:04:19.08 ID:T1W/sFQa0.net

うーん嘘っぽい

126 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 22:05:29.89 ID:tan5HjPg0.net

>>124
その日本共産党は、実は満州と関連が強い。
なぜ先進国のなかで日本だけは、
共産党が合法政党なのかには、理由がある。
勿論、公安監視対象ではありますが。

34 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 14:55:34.44 ID:vk3vbUSY0.net

>>13
大規模な阿片取引で得た資金を関東軍に提供する役割を果たした里見甫という人物がいるんだが
彼の墓石の文字を書いたのは岸信介
岸は直接阿片取引に関与はしていないと(現時点では)見る向きが主流だが
里見を始めとする「主に陸軍の意向を受けた阿片取引に関わった者達」を
満洲国高官として側面支援していたことについては
クロに近いグレーという見解の方が多いのが現状
まぁクロにしろシロにしろ確定的な証拠はもう出てこないとは思うので
真相は闇の中

104 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 19:27:59.22 ID:+SwoClDg0.net

>>59
>>55
>アヘン専売法と言って当時は禁止されてなかった

>戦後だって「ヒロポン」があったし、
>時代によって価値観なんていくらでも変わってくる
>大麻王の里見か。満州という広大な無主の地を治めるには、
>カネが必要だったのね。手っ取り早かったのが大麻ってだけ

大麻じゃねえよ

108 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 20:13:55.55 ID:tan5HjPg0.net

満州におけるアヘンは、
現代における快感の為に麻薬を使うことより、
商売のための信用の媒介、つまり貨幣として、
使われた。なぜなら日本は既に破綻していて、
世界中の全ての金融機関や全ての庶民から、
完全に支払い能力を信用されていないから。
ちょっと言い過ぎですが、ほぼ同じ。
もちろんタバコなように大麻を使うことも、
阿片窟もありましたが、そこじゃない。
通貨制度の運用としてのアヘン売買ですから。
何かアヘンが麻薬だから依存と精神破壊を、
強調して訴えてしまうんでしょうけど、
実はそこじゃない。みんな誤解してますが。
勿論、アヘンが危険ではないなんて、
言いたい訳ではない。

16 :あむ:2020/11/12(木) 14:21:54.00 ID:U5dpJMx20.net

命のやり取りをトラブルや生業で数多く経験してきた祖父は、阿片はいいぞー!現実を忘れられて!と言ってたな

74 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 15:57:27.04 ID:dpbiGX3r0.net

アヘンやったことが無いからわからんけど
満州は中国への通り道だったから
麻薬で従順にさせようとしていた可能性はあるな

82 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 16:08:44.39 ID:YUIKg5ZY0.net

小説(フィクション)が史実として語られるのって怖いね

136 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 23:03:04.51 ID:lUL+pdoA0.net

>>132
当時の欧米の世界戦略は列強のグレートゲームで世界支配をしようというものだった。
でも日本のビジョンはアジアの自立をもって国体の維持だった。それは開戦の詔にはっきり書かれている。
結局、欧米式植民地経済は破綻してグローバル経済が勝利したわけで、日本は滅ぼされず国体を維持して経済的に繁栄した。
日本は戦争には負けたけど大きな歴史の流れを読み切って戦略的には勝利を掴んだと言えるんじゃない?

9 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 14:12:41.79 ID:IB5Y6e4J0.net

こんどは世界中で大麻使って同じ事推し進めてんだろ
中国の復讐だろうな

157 :名無しさん@恐縮です:2020/11/13(金) 10:45:55.38 ID:ycaA+UI/0.net

>>96
ガチキチ

134 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 22:50:51.68 ID:vk3vbUSY0.net

>>133
社会民主主義=中道左派の場合
企業の公営化や国有化はしないのが通例
社会民主主義を別名で社会改良主義と呼ぶように
福祉や社会政策の範囲に限って尺度は主義的な要素を組み込むのが社会民主主義で
それを越えたら社会主義or共産主義の範疇
だからこそ岸も同時代の政治家に『アカ』扱いされたし
岸本人もそうしたラインを把握しているから
最初は社会党に入党して政治家としての復活をしようと考えた

19 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 14:24:47.25 ID:eMz9areD0.net

満州の支配者は、ニキサンスケ
「昭和の妖怪=岸信介」も当然、入ってるがねw

そんな大麻王も居る、大麻漬けの満州国に
毎年100万人以上の移民が、中国大陸から
万里の長城を飛び越え、満州入りしてきましたとさ

117 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 21:09:52.10 ID:tan5HjPg0.net

>>111
そういうアメリカへの被害妄想が、
日本だけの投資という自力救済による投資不足と
大豆生産による森林乱開発で満州の拡大が停滞して、
早々と満州破綻が見えてしまう。だからこそ、拡大を止めまいと、
日中戦争を始めるしかなくなってしまう。日本は謀略や事件を理由に、
支那事変を始め、当初は不拡大方針を決めましたが、
戦線はなし崩しに拡大する。それは当然で、戦争しないと、
資本の運動が止まり破綻してしまうから。

体力がないのに自力でやろうとするから、経済を拡大しきれず、
破綻を避けようと、戦争という暴力して無理やり経済拡大させて、
やはり戦争で破綻。結局は日本は、経済破綻か戦争破綻しかなかった。
始めから、アメリカと共同経営すればよかった。

21 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 14:35:35.73 ID:eMz9areD0.net

延命しても根本的に解決せんよ、
清は中華思想を組み入れない国を野蛮として(李氏朝鮮も)
一向に海の外から学ぼうという気がなかった、

まあ、眠れる獅子の癖してこの体たらく
秀吉の時のスペインに対抗すべく、打倒明を掲げた時と合わせ、
資源のない日本なんぞに、二回も戦わせたアジアが情けない

96 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 18:40:03.75 ID:L1wBuCnN0.net

>>34
>大規模な阿片取引で得た資金を関東軍に提供する役割を果たした里見甫という人物がいるんだが
>彼の墓石の文字を書いたのは岸信介
>岸は直接阿片取引に関与はしていないと(現時点では)見る向きが主流だが
>里見を始めとする「主に陸軍の意向を受けた阿片取引に関わった者達」を
>満洲国高官として側面支援していたことについては
>クロに近いグレーという見解の方が多いのが現状
>まぁクロにしろシロにしろ確定的な証拠はもう出てこないとは思うので
>真相は闇の中

その、「満洲アヘンで里見甫や岸信介らが荒稼ぎした莫大な汚いカネ」こそが
かの有名な
「M(満洲)資金」
で、「満洲国は我が作品!」の岸信介らはそのカネで総理になったり更に莫大なカネを生んだと
だから、満洲国で岸信介らと組んで731部隊だのやらかして、終戦前に満洲開拓民や部下を見捨てさっさと日本にトンズラ帰国してた
関東軍「偽名」参謀「宮田」こと竹田宮の孫のロリコンス竹田恒泰は
必死に「M(満洲)資金」を単なる都市伝説かのように誤魔化し工作をしている訳だw

110 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 20:40:08.63 ID:tan5HjPg0.net

>>102
そこをアメリカと共同経営すれば、
アメリカから出資してもらえたのに、

140 :名無しさん@恐縮です:2020/11/12(木) 23:27:51.98 ID:fLxTH4nK0.net

満州に入植した日本人もアヘン漬けだったの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
フォローする
FAV capture

コメント

タイトルとURLをコピーしました